【スマブラSP】「立ち回りを固める」ってどういう意味?

「立ち回りを固める」

 

こういう表現を聞いたことはありませんか?

 

僕は、この表現を見た時「どういう意味?」と思いました。

 

立ち回りを固めるという表現は、とても抽象的な表現です。

 

なのでこういう表現を見た時、自分勝手な解釈をしてしまうことほど、危ないことはないと思っています。僕もよくやってしまいがちですが。

 

ともすれば自分の上達に悪影響を及ぼしかねません。

 

なぜかというと、その言葉によって、自分の考え方が固定化されてしまうためです。

 

他人が発した言葉に対しては、自分の中で勝手な解釈をしてしま話ないようにしたいものです。

 

 

今回は「立ち回りを固める」という表現に対して考えたこと、ひいては「抽象的な表現に出会った時の注意点」というテーマでお話ししていきます。

 

「立ち回りを固める」意味って?

正直僕もこれはよくわかっていません。

 

僕が発した言葉じゃないので。

 

ただ、僕がこの言葉から抱いた印象は

 

「立ち回りを固めちゃったら、相手に対応できなかったり差し込みがワンパターンになってダメなんじゃないの?」

 

という印象でした。

 

「固める」という言葉が悪さをしちゃってますよね。

 

「柔らかくする」という表現の対義語です。

 

よく「柔軟性」というものがスマブラにおいて重要、という話も聞くことがあると思います。

 

臨機応変に相手の動きを見てそれに対応する。これは間違いなく重要なことですよね。

 

それに対して「立ち回りを固める」という表現は、それと相反することを言っているような印象を受けてしまうのです。

 

そりゃあ「立ち回りなんて固めて良いものなの?」と受け取る人がいてもおかしくないと思います。僕がそうでした。

 

 

では、なんとか頑張って「立ち回りを固める」という言葉の意味を考えてみます。

 

自分なりに考えた結果

 

「立ち回りにおいて、どういう状況に持っていくことを狙うのか、ステージのどこに陣取るのか、相手のどの行動に対してはどの行動でリスクを付けに行くのか、相手とどういう距離感を保つのか、自分が狙いたい技は相手のどの行動に刺さるようにできているから、相手が特定の行動をしたい時にこの技が狙えるように意識を持っておくこと、などなどを整理する事」

 

とうことだろうか。

 

ただ、「立ち回りを固める」と言う表現をされる時、「キャラごとに」感を感じたことがある。

 

要するに「キャラごとに立ち回りの固め方が違う」と言う話なのであろう。

 

しかし、僕が今考えた「立ち回りを固める」の意味は「どのキャラを使っても共通していること」のように思う。

 

キャラごとに違うのは「どの技を使うのか」と言う部分だろう。

 

その技の違いを「立ち回りを固める」と言う風に、この言葉を使っている人は表現しているのだろうか?

 

わからない。

 

ただ、これだけは言える。

 

「固める、と言う言葉によって柔軟な考え方ができなくなってはいけない」

 

なので、僕は「立ち回りを固める」と言う表現自体を使うことは控えたい。使いどきがあればもちろん使うだろうが。

 

 

 

終わりに

 

どうでしたでしょうか。

 

本当に、言葉の力は物凄いので、「抽象的な、曖昧な表現」を目にして、自分の中に違和感を感じた時は、その人がたとえ上位勢だったとしても、信じない方がいい。

 

逆に、上位勢が言っている場合こそ危険である。

 

自分の中で腑に落ちない言葉ほど、自分の考えの中につっかえができてしまって、考え方が凝り固まってしまい、自由な発想や柔軟な考えを疎外してしまうものは無い。

 

何か自分の中でモヤモヤしていることや、胸につっかえていることがある時は、徹底的にそれを分析、言語化することをおすすめする。考えが整理できて、落ち着けるし、なにが間違っていてなにが正しいのかなどがわかってスッキリする。

 

それの積み重ねなんだと思う。

 

ではまた。