【スマブラ】ストレスを意図的に自分にかける

ストレスがかかっている時というのは、自分の成長するために必要な過程だと思う。

 

ストレスって、一見悪いモノとしか認識されながちだけど、ストレスは別に良い悪いを一概に言えるモノではない。

 

別に朝起きて服着替えて顔洗って、っていう行動にも、筋肉的なストレスがかかっていたりするし、人とのコミュニケーションなんて、程度の差はあれど、価値観の違う人間とコミュニケーションをするという時点で、ストレスが全くないはずなどないだろう。

 

ではそんなストレスを、うまく活用して自分の成長に活かすという話をしようと思う。

 

ストレスを意図的にかける

 

スマブラに関してで話そう。

 

抽象的な話になるが

 

今自分にできていない動きがあるとする。

 

しかしそれを実践でやることができていないとする

 

その時、それを実践投入しようとしてスマブラをすることは「ストレス」になる。

 

「今できないことをやろうとする」ということには、一定のハードルがあるはずで、それはつまりストレスのことであると思う。

 

そのストレスを乗り越えて

1、やろうと思って入るけどできていない

2、やろうと思って実際にやってみる

3、やろうと思わなくても自然にできる

 

という風な流れで、新しい動きができるようになっていけば良いのだと思う。

 

この1、2、3、の流れは、よく言われている流れで、実は1の前にも1段階あるのだが、その段階を今回は便宜上0として、この「流れ」をもっと短くまとめると

 

0「無意識無能」

1「有意識無能」

2「有意識有能」

3「無意識有能」

 

とう流れだ

 

この流れにおいて0〜3の間にストレスが生まれているということはお分かりだろうか。

 

 

例えば「崖奪いを取り入れようとする時」

 

そもそも、崖奪い自体を知らないところから、知るというところに移行する(0→1)

次に対戦中にやってみる(1→2)

ひたすら試し続ける。繰り返す(2→3)

 

「知る」「やってみる」「繰り返す」という作業に、ストレスがかかるということは理解していただけるだろうか。

 

 

例えば、自分が最近勝てなくなったと感じた時、新しい行動を取り入れなければ勝てなくなるということはわかるはずだ。

(なぜ勝てないのか考えた時に、相手に行動を読まれ安いから、という場合があるので、今の行動だけでは相手にリターンを取られやすく、自分はリターン負けする、リターンが取れない、ということがざっくりとした原因としてわかる)

 

そう言った時に新しい行動を「知る」ためには、自分からいろいろ調べて、動画を見たり記事を読んだりする必要がある。ここに、ストレスがかかっている。今までやったことのない、知らなかった情報をインプットするという段階だ。(0→1)

 

次に、その知った情報を、「やってみる」という段階では、言わずもがなストレスがかかる。なんとなくスマブラをしていると、「今日はこれを実戦で試そうと思ってたのに忘れちゃってた」ということになった経験はないだろうか?(1→2)

 

そしてそれを「繰り返す」一度やったからと言って、気を抜くと忘れてやらなくなってしまうということはよくあることだろう。これもストレスを自分に「意図的に」かけなければいけない、という感じだ。(2→3)

 

 

このようにストレスを意図的に自分をかけるという風な考え方、プロセスで取り組むことで、スマブラの上達にも活かすことができる。

 

あえてストレスを自分にかけるという意識で取り組むことで、「そのストレスを乗り越えてやろう!」というパッションを持って、強い意志を持って取り組むことができ、新しい行動の導入もうまくいく可能性が高まるのではないだろうか。

 

 

そして、ここで補足していくが、このような考え方で取り組む上で

「ストレスの程度は自分で決められる」という風にも認識して欲しい。

 

例えば、その日スマブラをする上で、1つだけ新しい行動を取り入れるのか、3つ新しい行動を取り入れるのかで、自分にかかるストレスの大きさは違うはずだ。

 

そして「ストレスが大きいほど期待できる成果は大きく、その分自分への負荷が大きく、厳しいトレーニングとなる」ということも伝えたい。

 

どれだけのストレスに自分は耐えられるかを自分の体と相談しながら考えて取り組んでいただきたい。

 

ストレスが大きければ大きいほど、その先にある成長は大きいが、そのストレスに耐え切れるかどうかは、その人次第なため、自分が耐え切れないようなストレスをかけないようには気をつけたい。

 

自分が耐えられつつ、克服できるストレスを適度にかけられている状態を作ることが、効果的に、早く成長する上で非常に重要なことなのではないかと考える。

 

 

はい、ということで、以上で今日の記事は終了です。

 

終わりに

 

どうでしたでしょうか。

 

自分で自分に課しているストレスを、取り組む前に認識しておき、自分の様子を見ながら、負荷が大きすぎるのか小さすぎるのか中くらいなのか、考えながらやるという、考えてスマブラをする上での別の面のお話でした。

 

参考になれば幸いです。

 

ではまた。