【スマブラ】少しでもイラつきを感じたら、いったん引くか押し切るか

スマブラをしていて、イラついた経験は誰もがあると思う。

 

そんな時、皆はどうしているだろうか。

 

いったん止めるかそれでも続けるかのどちらかだと思う。

 

どちらにもメリットデメリットがあるなと思ったので、今日はそれについて書く。

 

 

ーーーーーーーーー

 

まずなぜこのテーマで記事を書こうと思ったか、それは今日のジョギング中の出来事にある。

 

今日も午後1時ごろから30分間走ることを目標にいつものコースを走り始めた。

 

 

いつも、大体8周すれば30分かかるコースを走っている。

 

しかし、今日は6周目の途中くらいから、左膝に微かな痛みを感じ始めた。

 

そこから、6周目は走りきったのだが、7周目に差し掛かった時に、僕は走るのを止めることにした。

 

よくテレビで紹介されるトレーニングによくある注意喚起だが、

 

「痛みを感じたらすぐにやめてください」

 

というものがある。

 

それを思い出し、僕は「ちょっとでも体壊す危険性があるくらいなら走らないでいいや」という判断をしたのだ。

 

しかし「ちょっとくらいなら大丈夫だろう」と考えて走り続けることもできた。

 

どちらの選択が正しいのだろうか?みんなはどう考える?

 

そこに今日のタイトルが係っている

 

それぞれのメリットデメリット

 

今回の僕のジョギングについてまずは考えたい。

 

今回は直面した「問題」とそれに対する「反応」がある

 

問題:左膝に微かな痛みがある

 

反応:①走るのをやめる

   ②走り続ける

 

この二つの反応のメリットデメリットを表にしてまとめてみた。

 

①走るのをやめる

②走り続ける

メリット

痛みの悪化を抑える、体を壊すリスクの排除

頑張った分の運動量で体力増強・肉体強化が見込める

デメリット

体力増強肉体強化の効果が減る

膝を壊すリスクがある、足を痛めたら歩きにくく、最悪歩けなくなる

 

これを見て、あなたならどっちを取りますか?

(これについて、もっとしっかりと考えるならば、運動の強度やその運動の効果、運動をしない日もあった方がいい、などといったトレーニングに関する知識がないといけないと思う。僕には知識がないのざっくりとですがあしからず。)

 

素人分析であるのでこの表は信憑性に欠けはするが、今日の僕にある判断基準はこの表の情報だった。

 

僕はこの表を見て「体を壊すリスクが少しでも存在するならば、②はナシ」という判断をした。(もちろん頭の中での話です)

 

しかし、人によっては走り続けるだろう。

 

 

さて、これをスマブラでイラついた時に応用してみよう。

 

問題:スマブラをしていてイラついてきた

 

反応:①一旦やめる

   ②やり続ける

 

 

①一旦やめる

②やり続ける

メリット

気持ちを落ち着かせる時間が取れ、落ち着いてからまたスマブラができる

イラついた時にどう立て直すかの訓練ができる

デメリット

イラついた状況から立て直そうとする訓練ができない。結局スマブラのことが頭から離れない

立て直せなかった時、不安定な精神状態が持続して他人に当たったり、スマブラに対してネガティブな感情が残る

 

さてどうだろう。

 

一旦やめるかやり続けるか。

 

どちらを必ず選択するべき、という話ではない。

 

大事なのは

 

「どちらかを選択した時に、しっかりとメリットを享受できるような取り組み方ができるかどうか。」

 

なのである。

 

どうだろう?

 

イラついたけど継続してスマブラをした時、ちゃんと立て直すことができたのか?

立て直せずに、それどころかイラつきがさらに加速して、物や人に当たるようなことはなかっただろうか?

 

一旦やめたとき、その後ちゃんとリラックスできただろうか?

 

どこかスマブラのことが頭に残っていて、気分転換に他のゲームをしようとしても楽しくなかったりしないだろうか?

 

さあ、どちらを選択してもデメリットに陥っていないだろうか。

 

先ほど、大事なのは「どちらかを選択した時に、しっかりとメリットを享受できるような取り組み方ができるかどうか。」と言ったが、

 

そんな「取り組み方」ができるようにはどうすればいいのか?

 

それは「今やっていることに没頭すること」と「しっかり躊躇わずに体を動かすこと」

 

だと思う。この二つは「精神面」と「肉体面」について書いたことだ。

 

スマブラをやり続けるなら、一度無言でプレイに集中し、首を傾げたり声を出したり頷いたりせず、精神的にも肉体的にも集中状態にすることを意識するといいと思う。

 

やめて気分転換で他ゲーをするなら、そのやってるゲームの操作を躊躇わずにやって、ひたすら没頭するのがいいと思う。

気分転換は自分一人でやるのではなく、中の良い人とか明るい人と一緒にやるのも良いと思う。

 

なんとかこの話からうまくイラつきに付き合えるようになれる人が一人でもいれば嬉しい。

 

終わりに

 

僕自信、7月まではオンラインだけで、何度もイラついた経験がある。

 

その時、やめるのか続けるのかの二択を幾度となく突きつけられて、続けて「ヴーン!ヴーン!ヴあああああああ!」と布団に叫んでいたこともあった。

コントローラーを投げたくなる時もあった。(なんとかイライラを発散するときはその前にコントローラーを机にそっと置いてからにしていた。)

 

そういう時の後は、人当たりもあまり良くなかった。晩ご飯の前にスマブラをして、晩ご飯ができたことが知らされると居間に行くのだが、会話で逐一内心イラつくことがあったし、実際イライラが表にも出ちゃっていたと思う。

 

なかなか難しい問題ですが、とりあえず、いつもイライラが大きくなり過ぎるんだったら、イラつきを少しでも感じたら絶対に止めるようにすることをルールにすると良いと思います。

 

僕は何度もそれを繰り返してきました。ちょっとでも胸にモヤモヤが生まれたら深呼吸、まだそれほどイラつきが大きくなってない段階なら、深呼吸一つで押さえやすいです。

 

ということで今日はここまで!

 

ではまた。